アナトリア
経営研究所
HOME
活人権
人事制度
会社案内
メール
金言明言
リストマーク

お問い合わせ

成 長

2011/04/17

【1】  成長とは?

成長とは、意識の成長と無意識の成長があり、成長の内容と方法が異なる。

また、無意識の成長を助けるものとして、身体の役割が重要でもある。

従って、人が効果的効率的に成長するためには、意識と無意識の両方を伴に成長を計ることが大切である。

 

【2】  意識の成長とは?

意識の成長とは、「価値観(モノの見方・考え方)の向上」である。

その為には、不足する知識と経験を補うことが重要であり、幾つになっても勉強すること、問題意識を持ち、様々なものに興味を持つことが大切なのです。

 

【3】  好ましい価値観とは?

1.有効観=ポジティブ・シンキング

2.目的と手段の区別=常日頃、「これは目的か手段か」「この行動の目的は?」を問い続ける。

3.課題中心的

4.自発性と自律性

  @私の人生は、私自身が創っている

  A私に解決できない問題は、私に与えられない

5.受容=あるがままに受け容れること。許すこと

6.文化の超越

 

【4】無意識の成長とは?

無意識の成長とは、何か?

その前に無意識とは、何なのか?無意識とは行動のすべてを司るものです。意識は、行動の10%程度に関わるのみで、その時でも必ず無意識を介して行動を伴うということです。

従って、無意識の成長とは、行動が良い方に変わるということです。

また、無意識は、コンピュータのプログラムに相当する観念(思い癖)があり、そのプログラム(観念、思い癖)が活性化しているものと眠っているものがあります。

つまり、良い行動を起こす成功プログラム(観念、思い癖)を活性化し、失敗するプログラム(観念、思い癖)を寝かすことが大切です。

 

【5】成功プログラムの活性化と失敗プログラムの沈静化の方法

1.プログラムのクリーニング(ヒーリング法)

  @.受容アファーメーション

  A.セルフカウンセリング=自分との対話

2.克己法

  @.困難の克服

  A.苦手の克服

  B.達成感=小さな成功体験をし、その成功を感受する。

  C.二分性の解消=矛盾した行動を同時に行う。例えば、笑顔で叱る

  D.無償愛

  E.悪意のないユーモア

  F.ワクワク感

  G.プライドを捨てる

  H.至高体験

  I.意識して、2つの言語を同時に使う=例えば、方言と標準語

3.身体運動による脳の活性化

  @.リズム運動

  A.顔の筋肉運動

  B.手の運動

  C.胆力養成法

    ・体幹の筋力up

    ・腹式呼吸