アナトリア
経営研究所
HOME
活人権
人事制度
会社案内
メール
金言明言
リストマーク

お問い合わせ

幸福論その1

人は、誰でも幸せになりたいと願っています。
しかし、「幸せとは何か?」という根本的なことを分かっている人は少ないのではないでしょうか。昔は、「女性の幸せは、結婚」と言われ、現在は、「お金持ちになること」だと思っている人は多いようです。
最近の脳内研究から、幸せを感じる脳内物質と人生成功に欠かせないやる気を生み出す物質は、全く別物であり、それらが働く刺激も別であることが分かってきました。
つまり、俗に言われる人生で成功すること(お金持ちになることや有名になること)と幸せになることは、全く別であるということです。
ちなみに、幸せを感じるのは、脳内物質の「セロトニン」あり、人生成功に欠かせないやる気を生み出すのは、「ドーパミン」という脳内物質です。
人生は、長い長い長距離マラソンのようなものです。短距離競走ではありません。ですから、セロトニンを中心にドーパミンを適度に活用して生きる生き方が望ましいようです。

それでは、どういう生き方をすれば、セロトニンやドーパミンは、うまく活用して、幸せで成功する生き方ができるのでしょうか。
その前に、最近の脳内研究によりますと、日本人の実に90%は、遺伝的にセロトニン・トランスポーターの働きが弱いそうです。つまり、ほとんどの日本人は、幸福感を感じる力が元来弱く、不安を感じることが多く、悲観的になりやすいということです。うなずけるのではないでしょうか。
ですから余計、日本人にとっては、幸せを感じるようになる努力が必要なのではないでしょうか。

幸福論その2へ・・・